「目のくま」に効果的なお手入れ

スキンケアでは、目の周りは乾燥しやすく、乾燥すると透明感がなくなり目

の周りにくまが目立ちます。

乾燥が気になるところはリフレッシャーローションを使ってコットンパック

をすると効果的です。

また、リフレッシャーローションをつける際にマッサージするのも血行促進

となって目のくま対策に有効かつ効果的です。

マッサージするときの注意は絶対に力を入れないことです。


指の腹が触れるか触れないかくらいで優しく優しくマッサージしましょう。

まず目尻から目の下を通って鼻に向かい、まぶたを通って目尻に戻り、目尻

からそのまま下の方に頬を通ってあごのところまでの順に、朝晩1分くらい

マッサージしてみて下さい。

血行がよくなり5〜6日で目の周りのくまに変化が見られますよ。

クマは徐々にできるものですが、睡眠不足が慢性化したり、疲れがたまった

りしてないでしょうか?体調にはじゅうぶん気をつけてくださいね。

また、目の周りが乾燥しているようなときは次のようにするといいですよ。

まず、入浴時に洗顔後、コラーゲンエッセンスを目の周りにつけそのまま湯

舟につかって、しばらく蒸気蒸ししましょう。

お風呂から上がったら、ローション→エッセンス→ローション→エッセンス

というふうに2回繰り返してダブルケアします。

これを続けていくと、有効成分がお肌になじみ、お肌のつや、ハリ、メイク

のノリもかわってくるでしょう。

もちろん手入れ以上に重要なことは「目のくま」の原因を減らすことです

よ。

十分な睡眠、規則正しい生活習慣、自分に合ったリフレッシュ、リラックス

する時間・・・。

要因を減らそうとする心がけはとても大切です。その上で手入れすれば効果

は1週間ででますよ。

今日から目のくま対策。

まずは生活習慣改善からはじめましょうね。


目のくまの原因

目のくまの原因は睡眠不足、疲労、ストレス、紫外線による色素沈着、体調不良による血行不良、血流不良、遺伝、自律神経の変調、眼精疲労、ドライアイなどが原因でおこるといわれています。

目のまわりにだけ「くま」ができるのは、目の周りの皮膚は他の部分と比べてとても薄いので皮膚の下の血管の色などが見えているからです。
特に、眼の下の皮膚は0.6ミリととても薄いので、皮膚の下にたくさんある毛細血管の色が常に透けて「目のくま」見えてるのです。

人体の中でも特に眼の下は薄いので、睡眠不足や疲労、ストレスにより血行が悪くなり血液中の酸素が欠乏すると、ヘモグロビンが暗赤色になって皮膚の薄い目の下の部分が黒ずんで「くま」見えるのです。

ヘモグロビンは赤血球の中に多く含まれている成分で“血色素”とも呼ばれています。
ヘモグロビンはヘムという鉄分とアミノ酸からなるグロビンが結合した蛋白質です。
ヘモグロビンの主な働きは、肺で酸素と結びつき末梢の組織へ運搬すること、また組織から二酸化炭素と水素イオンを受け取り肺へ運搬することです。
血液はヘモグロビンが酸素と結びつくと鮮やかな赤色ですが、酸素を放し二酸化炭素と結びつくと紫色がかった赤色にかわります。

つまり、「目のくま」をとるには目の周りの血流を改善し血液中のヘモグロビンが二酸化炭素と結びついた紫がかった赤色から酸素と結びついた鮮やかな赤色にかえることがポイントということになりますね。

また、皮膚にメラニン色素が沈着した状態では、その部分が黒ずみ「目のくま」とみえます。
目の周りはお肌の中でももっとも敏感で、乾燥しやすいところですので、お肌に負担をかけたり、化粧品などの影響がでやすいところでもあります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。