ほほ・口・あごのたるみを予防する顔の運動

○頬(ほほ)のたるみ

ほほから上唇の表情筋を動かしましょう。

@唇を軽く閉じて、唇を吸い込むように口の中に巻き込んでいきましょう。

Aそのままの状態で、下唇だけ2〜3pほど開き、約5秒ほどその状態を持続します。

Bゆっくりと開いていた下唇を閉じていき元の表情の顔に戻しましょう。

C口をとがらせたまま、頬(ほほ)をめいっぱいすぼませた状態を約5秒ほど持続します。

D今度は逆に、ゆっくりと頬に空気を入れていきましょう。

E頬がめいっぱいふくらんだら、約5秒ほどその状態を持続します。

Fゆっくりと元の表情の顔に戻しましょう。

G口を閉じたまま、口の端を片方だけ上げます。同じ側の目を閉じて5秒間キープしたら、ゆっくりと力を抜いて自然の表情に戻します。

H次に反対側を同じようにしてください。(目安1日3セット)


○口のゆがみ

口を輪のように囲む表情筋を動かしましょう。

@口を縦に大きく開いて、唇をゆっくりと前の方に突き出して、約5秒ほどその状態を持続します。

Aその状態から、唇を口の中に唇がすっぽりと入るぐらいまで巻き込んでいき、その状態を約5秒ほど持続します。

Bゆっくりと元の表情の顔に戻しましょう。

C口を「アー」と大きく開け、そのまま口の端を引き上げます。

D次は「エー」と言う様な形にします。この状態を5秒間キープしたら、ゆっくりと力を抜いて自然の表情に戻します。(目安1日3セット)


○アゴのたるみ

下唇からアゴの先端方向をつなぐ表情筋とアゴの左右に伸びる表情筋を動かしましょう。

@顔をゆっくりと上の方へ上げていき、90度上を向いたところ(天井や空と水平になったところ)で止めましょう。

Aそのままの状態で下唇を突き出してから、上唇も突き出しましょう。そして約5秒ほどその状態を持続します。

Bゆっくりと元の表情の顔に戻し、上を向いている顔をゆっくりと下ろしましょう。

C口を閉じたまま、ゆっくりと上を向きます。

D顎の下をのばすようにしてそのまま5秒間キープしたら、ゆっくりと力を抜いて自然の表情に戻します。(目安1日3セット)



目のまわりのたるみを予防する顔の運動

目のまわりのたるみを予防する顔の運動 

顔の運動はゆっくりすることが大事です。
早くすると効果は半減すると思って下さい。


○上まぶたのたるみ

目のまわりにある表情筋を動かしましょう。

@目を軽くとじて、まつ毛だけに力をいれて下さい。

Aつぎに目全体に強く力をいれてとじて、そのまま約5秒ほどその
 状態を持続します。
 このときに眉間にしわができないように注意しましょう。

Bゆっくりと目を開いていって元の表情の顔に戻しましょう。

C目を大きくあけ眉を上げて、そのまま5秒間キープ。

D眉を上げたまま目を閉じ、再び5秒間キープ。

Eゆっくりと元に戻します。 (目安1日3セット)


○下まぶたのたるみ

まばたきなどで使う表情筋を動かしましょう。

@まぶたの筋肉を意識しながら、目をゆっくりと閉じていって完全
 にとじる一歩手前(薄目の状態)で止めましょう。

Aそのまま両方の眉毛を真上の方向へ引き上げていきましょう。

B眉毛が上がりきったところで、約5秒ほどその状態を持続します。

Cゆっくりと元の表情の顔に戻しましょう。

D鼻の下を伸ばし、顎を引き、そのまま上目使いの状態を保ちます。

Eそのまま下まぶたを引き上げて5秒間キープ。

Fゆっくりと元に戻して下さい。(目安1日3セット)


たるみ

たるみのいちばんの原因は老化です。
筋肉と皮膚、皮下脂肪のアンバランスが 原因ともいわれています。
また、過激なダイエットのくり返しもたるみのもとです。
年齢を重ねるごとに減っていく肌の潤い成分NMF(天然保湿因子)の減少によって弾力性がなくなりたるみます。
しかし、最近では洗顔のしすぎや肌の乾燥の放置によって弾力や潤いが失われてたるみが早い時期から進行するケースもあります。
たるみが気になる原因となるお手入れをしていませんか?
まずは、自分のお手入れで「たるみ」となる要素がないかをチェックして
その間違ったお手入れを直すようにしていきましょう! 

○やってはいけないお手入れ:メイク落としについて

×クレンジングはオイルタイプ、油性ジェルタイプをずっと使ってきた
 (乾燥肌の人で1年以上、混合肌・普通肌で3年以上、脂性肌で7年以上)
×クレンジング料でマッサージを十分しながらメイクを落としてきた
×メイク落としをせずに、洗顔料でメイクを落としてきた
×メイク落としをするのを忘れることがよくある


○やってはいけないお手入れ:洗顔料と洗顔方法について

×石鹸洗顔を何年も続けてきた
 (乾燥肌の人で1年以上、混合肌・普通肌で5年以上、脂性肌で10年以上)
×洗う時のお湯の温度は少し高めで洗っていた
×シャワーのお湯を顔にかけてすすいできた
×すすぎを丁寧に30回以上してきた
×弱酸性洗顔料を長期で使用している


○やってはいけないお手入れ:化粧水の種類とつけ方について

×化粧水はたくさん保湿剤が入ったものを使ってきた
 (つけてすぐにシットリするタイプのもの)
×化粧水をつけるときにコットンを使ってつけてきた
×化粧水をつけるときにパッティングを何回もしてつけてきた
×化粧水をつけるときに手で1.2回しかつけていなかった


○やってはいけないお手入れ:保湿剤のつけ方について

×保湿剤はあまりつけないようにしてきた
×美容液を多種類を毎日つけてきた


○やってはいけないお手入れ:UVカット・ファンデーションについて

×紫外線吸収剤入りのUVカット剤(SPF30以上)を毎日欠かさずにつけている
×必ず下地クリームをつけてリキッドファンデをつけてメイクをしている

シャレコスキンケア様から抜粋
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。