肌荒れカテゴリの記事一覧

肌荒れは洗顔

荒れた肌は乾燥などによって肌のバリア機能である皮脂膜が少なくなり、肌が傷つきやすくなっています。

荒れた肌のお手入れは人一倍気を使ってあげなくてはなりません。

特に洗顔では、肌に刺激を与えないようにアルカリ洗顔でなで洗いしましょう。

なで洗いは人差し指、中指の2本の指先の腹で優しく洗うことです。

また、水分を保護して、肌の本来持っている力を引き出せるようにすることが大事です。

美白、白い肌をつくるにも肌が健康であることが大切です。

低刺激性のスキンケアをしっかり行って、お肌の土台をつくりましょう。

注意することは乳液やクリームにはオイルが含まれていて、それが肌に負担となりかねないことです。

乾燥肌の方でも乳液やクリームはおすすめできません。

保湿には肌への負担の少ないコラーゲンをおすすめいたします。

肌荒れがとてもひどい場合、よくなるまで洗顔と化粧水だけにしておいたほうがいいと思います。

化粧水をつける際も肌に刺激を与えないように手で軽く押さえるくらいにして、こまめに水分を補うようにしましょう。

さらに、洗顔では弱酸性のものがよくありますが、弱酸性のものは洗浄力が弱く汚れが十分に落ち切れていなかったり、洗顔料自体がお肌に残るものがあり、トラブルにつながりやすくおすすめできません。

純石鹸主成分の弱アルカリ洗顔料をたっぷり泡立て短時間(15秒くらい)でなで洗いするのがいいのですよ。

ただ、肌荒れがひどいときは泡をのせるだけでいいです。

弱アルカリ洗顔料ウォッシュパウダーやソープは泡をのせるだけでも汚れは落ちます。

メイクも少しよくなるまでしないほうがいいですが、仕事でをされている場合そういうわけにはいきませんね。

メイクをする場合はリキッドタイプのものがいいですよ。

パウダータイプのものはファンデーションのなかでも油分が少なく、皮脂をよく吸収しますので、乾燥している方にはおすすめできません。

帰宅したらメイクはなるべく早く落として肌の負担を軽くしてくださいね。

食事はバランスのとれたものにしましょう。

日本食は一番バランスがとれていていいですよ。

ストレスも肌に悪い影響を及ぼしますので、上手にストレスを発散してくださいね。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。