日焼け止めカテゴリの記事一覧

紫外線は肌の天敵

紫外線からの日焼けは全ての肌老化の原因といっても良いでしょ

う。

シミはもちろん、シワやたるみの原因にもなります。

そのため紫外線を防ぐことが、いつまでも若々しくいるための必

須条件とも言えます。

肌は、紫外線に当たると日焼けし、赤くなった皮膚がだんだん褐

色に変わっていきます。

これは、メラニンができるためです。

メラニンは有害な紫外線を吸収したり散乱させたりして皮膚への

害を食い止めようと戦ってくれているのです。 

しかし、メラニンが皮膚を守る力は、実際に浴びる紫外線に比べ

てとても弱いのです。

これ以上、肌にダメージを与えない為にも積極的に紫外線対策に

取り組みましょう!

効果的に日焼けを予防し、かつ肌への負担を少なく済ませるに

は、季節や場所・外にいる時間によって日焼け止めの度合いを変え

る必要があります。

日焼け止め化粧品に書いてあるSPF値は、シミやソバカス・皮膚ガ

ンの原因となる紫外線 B 波( UVB )をカットする力を示してい

ます。

何も付けていない素肌と比べて日焼けが始まるまでの時間を何倍

に伸ばすことが出来るかという目安です。

例えば SPF 2であれば、日焼けするまでの時間を 2 倍に延ばせ

るということです。

もうひとつ良く見る表示の PA値 。

PA値は、皮膚を黒くするだけでなくシワやたるみの原因となる紫

外線 A 波( UVA )の防止効果を表すもので、強い方から++

+、++、+の3段階で表示されています。

すなわち SPF 値 PA 値が高いものほど日焼け止め効果が高いとい

えます。

ただし効果の高い日焼け止め化粧品は肌に負担をかけることがあ

ります。

日焼け止め化粧品の成分には紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の 2 種

類があるのですが、吸収剤は時々肌荒れの原因になりますし、散

乱剤は肌の乾燥を招くことがあります。

日常生活であれば SPF 20くらいまで、 PA ++程度のものを使

うと良いでしょう。

毎日使うのであれば吸収剤不使用(ノンケミカルなどと表示され

ています)のものをオススメします。

たとえば OL さんなど、日に当たるのは朝の通勤だけで日中は屋

内という方、一日で日に当たる時間が20分程度だけなら、日焼

け止め化粧品を毎日使う必要はありません。

日焼け止め化粧品を一日中肌に付けっぱなしにすることは、かえ

って肌にはマイナスですよ。

オススメはパウダーファンデーションです。

どんなパウダーファンデーションでも多少の紫外線をカットする

力を持っています。

SPF表示のないものでもです。

20分程度の紫外線対策であれば、パウダーファンデーションを

顔全体に塗ったあと、頬骨の当たりに少し重ねて塗るようにする

だけで充分です。

と言っても季節や場所・日によっての使い分けが大事。

真夏の晴れた日などは SPF 20くらいまでの日焼け止めクリーム

を頬骨の辺りにだけ少し塗るなどのテクニックが大切です。

ファンデーションは「毛穴に詰まって肌に悪い」という説もあり

ますが、パウダータイプであればそれほど肌に悪い影響を及ぼさ

ないので、積極的に使用することをオススメします。

レジャーなど長時間屋外に出る場合には SPF 値や PA 値が高いも

のを使用しましょう。

ただし肌が弱い人の場合、1日使うだけでもかぶれてしまうこと

があります。

そこでオススメしたいのが、普段使っている SPF 値20、 PA 値

++位のものを厚く塗るという方法です。

同じ日焼け止め化粧品でも厚塗りすれば効果は高くなりますし、

肌への負担も少なくすみます。

顔の中でも特に、ほお骨の高い部分・額は一番しみが出来やすい

ので2度3度と重ね塗りすることをオススメします。

馴染んだら重ねる、馴染んだら重ねると繰り返し、最後に粉おし

ろいかパウダーファンデーションを重ねます。

パウダーファンデーションで仕上げることで、日焼け止めの効果

が高まると同時に日焼け止め化粧品による白っぽさも隠せます。

ただし顔以外には SPF 値や PA 値が高いものでウォータープルー

フのものを使用しましょう。

日焼け止め化粧品を使ったら、しっかりクレンジングしましょ

うね。

日焼け止め化粧品はファンデーションに近い成分のため洗顔料だ

けでは落とせません。

クレンジング料と洗顔料でのダブル洗顔のあとに、しっかり保湿

を心がけてくださいね。



紫外線によるダメージは、どんなに優れたアンチエイジングコスメの効果でさえ帳消しにしてしまいます。
日に当たる時間、場所に合わせて、しっかり紫外線対策をしましょうね。

紫外線による光障害でできるのが、「しみ」や「しわ」です。

これは20代後半くらいから気を付けることで、20代前半までは、普通に生活する範囲で「日焼け止め」はあまり必要ありません。

20代前半までは「新陳代謝」が活発で、肌に抵抗力があるので、日焼けしても「しみ」や「しわ」になるということは、夏の海水浴、肌質が弱い人などをのぞいてあまりありません。

20代後半から30代というのは、女性の肌が最も美しい時期です。
けれど、ひたひたと、老化が迫っているのも事実ですよ。

その最大要因は、「肌の水分が失われる」ことです。

肌の水分が失われる→肌の抵抗力が落ちる→紫外線の影響を受けやすくなる→しみ・しわになるというしくみです。

あなたがもし、20代後半以上のご年齢でしたら、冬の間でも、柔らかな春の日差しを浴びても「日焼け止め」はご使用になられたほうがいいと思いますよ。



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。